2013年04月09日

無事帰還致しました

先週末5日、岩内の自宅に無事帰還致しました。

2013040901.jpg

庭の雪が無くなっていて、時の流れを感じました。
(3週間も不在だと、変わらない方がおかしい)

2013040903.jpg

津軽半島に、新幹線の高架が出来てて
早いところ函館まで来てくれと懇願しつつ帰路を楽しむよう努力しました。
白鳥はグリーン席でもキツイです。
またグリーン乗っちゃって
私しか居なかったので、おもちゃ達と宴会してきた♪
2013040902.jpg
ビールはアサヒしか売ってないのが、白鳥の悲しいところである。
男は黙って黒ラベル!なのになぁ。

姪の自転車を買いに、久慈のホーマック行ったら
自転車より先に「バルイーグル」(太陽戦隊サンバルカンの赤)が目に入って
悩んだが買ってきたら、ウスくまに偉く褒められた。

それにしても…
実家、いつまでも寒くて、地獄のような訓練?でした。
なにより、祖母が日々グレードアップする我が侭さを披露。
精神的ダメージが強すぎて、
4日も何も出来ないって何よ…

電話で聞いたら、祖母はとうとう車を運転したそうです。
(胸骨ばらけててシートベルト禁止なので、ノーベルトで走行、だれか捕まえてくれ)

凄かったのが、くみ取り騒動。
ちょっと暖かい日に、私が役場に行って、介護申請の手続きしてた日だろうか、
帰ってきたら、庭いじり(これもまだ禁止)してる婆ちゃんが臭い。
婆ちゃんが歩いたところが全部臭い。
座ったところなど、超臭い。

くみ取りしたな!

春休み中の甥姪が来て、やっぱり臭いと数日間大騒ぎだった。

普段着でくみ取りして、それを着たまま家の中を歩き回る…
つか、かがんだり重い物を持ち上げると
まだ6本のワイヤーでくくってるだけの胸骨が割れるではないか。
3ヶ月間は安静にしてろと医者に言われたのに。
全然きいてねぇ…
つか、くみ取り、臭い、迷惑だ、必要ない。

こんな調子で、もう我が侭過ぎて手が付けられず
母も私も、「勝手にさせて死んで貰っても別にいいや」という見解。

半呆けの我が侭老人を看るということは、非常に苦痛です。
耐えろお母さん。私は逃げる。
早いところ介護サービスが入ってくれればいいものだ…
介護認定の調査員は、祖母が呆けていることをいち早く察知してくれた模様。
いつ葬式になっても対応できるよう喪服を用意しつつ、今後に期待しよう。
posted by うつほ at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。