2012年11月30日

インフルワクチンは子供に打て

http://aistear.net/lifetime/archives/21
にインフル予防接種を今年はしない人が半数以上、という記事を書いたが…

先日、小樽の内科に行ったら、大混雑。
受診者の7割がインフル予防接種だった。
でもって、1000円位で打ってもらえる券を持ってる高齢者って訳だ。

正直、この時期病院に行くと、どこでも「何かが伝染る」と思う…
インフル予防接種受けられる人は熱もない健康状態だろうが
健康だから雑菌を持ってても自分は平気なのだろう。
さすがにそんな人多いと、臭う…。
私は再発防止のため免疫力を薬でわざと低くしてるという状態を20年以上続けてるため
「ヤバいゾーンセンサー」が搭載されている。
小樽バスターミナルとか、札幌駅とか、
東京メトロの古い駅とか、新宿西口でよく発動する。

伝染る、と思うときは、まず伝染ってる。
ノロとか、マジもの凄い怖い。(2回位うつされた)
伝染るの嫌だが、薬貰うには行かなきゃならぬ…

今日見つけたアンケート結果。
http://www.marsh-research.co.jp/mini_research/mr201211_2influenza.html
やっぱり若者には高いんだよなぁ。インフル予防接種。

しかし、インフルの感染ルートは、
大抵 保育園幼稚園小学校中学校の子供→母親→職場→家庭
が多い。子供が集まるところでインフルが流行するのは毎年のことだし、
大抵学級閉鎖に至る訳だが…

何故子供へのワクチン助成がないんだ?!

老人がインフル発症すると、死亡の危険性が高い、ということなのだろうが、
重症化の危険性は子供にもある訳だし…

東京都の区によっては、高齢者への助成を低めにし、
子供への助成も少なめではあるがやっているところもある。
我が町は…よくわからない。たぶんない。
65歳以上の負担額が1,000円だということが10月の広報に載ってた程度だ。
確かに年寄りの方が多い。が、感染源は子どもが多い。

子宮頸がんワクチンよりも大事だと思うのだが…
(予防法には性教育が効果的と思うが、そんな教育ができないから、打つってねぇ。HIVもうつるのにね)

高齢者じゃない、まだ収入を得られる人たちの健康が脅かされてるって、なんじゃらほい。
posted by うつほ at 15:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。